IMG_4593シャツが好きだ。

ありがたいことにドレスコードの緩い職場なので、夏場はシャツ一枚で出社することが多い。

裾はもちろんタックインと決めている。
昔はシャツをアウトして着ていたこともあったけど、ここ数年は常にタックインの着こなし。
自分勝手な思い込みだろうけど、タックインの方が上品でお洒落な気がするからだ。

そんなシャツたちも、ちょっと前までは、絶対的に黒か白と決めていたのだけれど、昨年の秋ぐらいからバリエーションが増えてきた。
ネイビー、サックス、ストライプ、ギンガムなどなどの新入りくんたちが、ボクのワードローブをカラフルに飾ってくれている。
 
今日は特別な人と会う日なので、一番のお気に入りネイビーの一枚を。
白いパンツと合わせようと思ったけど、あまりにあざといコーデかなと思って(ま、たまにそういうコーデもするけど)、シャンブレーのコットンパンツと合わせてみた。

正解。

これだけだと色がないので、バッグでお遊び。
3年ほど前に、70年代のVANのモチーフを現代に蘇らせたキャンバストート。アイビー8大学のペナントを合わせた柄になっていて、即完売してしまったという逸品だ。
 
いい歳こいてのシルバーアクセは若いころからの大好きアイテム。特にズニのインレイリングと小さ目のラップ系ブレスがここのところのお気に入り。

菅野正美 編集者 58歳

写真1写真2

データ 
シャツ:ZARA
シャンブレーのパンツ:トラマロッサ
ベルト:しまむら
靴:GUCCI
トートバッグ:ビューティフルピープル

注1  アイビー8大学 アメリカ東海岸のIVYリーグに登録されている、ハーバード、イェール、プリンストン、ダートマス、コーネル、ブラウン、ペンシルベニア、コロンビアの8大学。東海岸のエリート私立大学群。
注2  ズニのインレイ 1890年頃からネイティブアメリカンのズニ族が発展させたアクセサリー造り。シルバー枠に石をはめ込むチャンネル・インレイ、表面を平らに磨くフラット・インレイなどがある。写真のリングは 細かく砕いた石をはめ込むチップ・インレイ。