FullSizeRender今日は久しぶりにお日さまが出て暑くなるという予報。
なので、クロップ

前まではご婦人のアイテムという認識しかなかったのだが、去年暑い日にお店でメンズものを見かけて試着。
あれ? もしかするといいんじゃないかな? と買ってみた次第。

真夏にバミューダパンツを履くことはあったが、クロップはそのときからのデビューと相成った。
が、これがかなり涼しいのだ。くるぶしを出す、これだけでかなり体感温度が違ってくる。

その上、バミューダに比べるとリゾートお遊び系の香りは少ない。なので、仕事着としても対応可能。まぁ、バミューダパンツで出社しているボクがいうのもなんだが・・・・。
というわけで、暑くて天気のいい今日、選んだのはホワイトの一本。

トップスは相変わらずシャツなのだけれど、単色のものではなくネイビーのギンガムチェック。
それもクレイジーパターンのもの。
ちょっと遊びが過ぎるかもだけど、金曜日だからそれもいいのかと(笑)。

シューズはちょっとごつめのウイングチップ。
ベルトと同色の靴にするというポリシーはあるのだが、なにせこのウイングチップは珍しいネイビーのモデル。あいにくネイビーのベルトを持ちあわせていないので、ブラウンのものをセレクトしてみた。
ウイングチップのコバの部分にブラウンの皮が使われているので、これはこれでOKと自己満足。

バッグは、こちらもネイビーのトート。
頑丈でいっぱい入るお気に入り。

時計はホワイトのパンツに合わせやすいように、白ベルトに変えた夏用のやつをつけてみた。これもいい感じ。

コーデのどこかで少しだけ色を合わせる、ボクがちょっとだけ気にかけていることだ。

菅野正美 58歳 編集者

写真1写真2
データ
シャツ:ユニクロ クロップト
パンツ:ユニクロ
ベルト:ZARA
ウイングチップ シューズ:セルジオ・ロッシ
トートバッグ:ポロ・ラルフ・ローレン
時計:アンティークのヨットタイマー(ブランド不明)

注1  クロップトパンツ クロップドというのは「切り取られた」の意味。その名の通り、普通のパンツの裾を短めにカットしたモデル。およそ6~7分丈といった感じのスタイルで、裾のテーパーが効いているのも特徴の一つ。
注2  クレイジーパターン カラーやチェック、ストライプなどの柄等、違ったものを数種類組み合わせて作られたパターンのこと。代表的なのはクレイジーマドラス。いくつかのマドラスチェックを組み合わせて作ったそれはアイビースタイルには欠かせない柄になっている。